投稿日時: 2012/06/29

印旛・手賀沼環境あっぷ協議会では、平成22年度より内閣府の社会的雇用創造事業の一つである「グラウンドワークインターンシップ事業」について、首都圏ブロック事務局の立場から参加し、地域(千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木)の希望者に対して研修の場と研修生の受入れのマッチングを含む、出会いの場と学びの場づくりを進めて来ました。

全部で3期開催され、最終の第3期グラウンドワーク・インターンシップでは、研修生のエントリー者数125名、うち修了生を78名輩出し、事業を完了しました。

全国の他の地域に比べて重点的に取組んだ事柄を次の通り記します。

●1期生、2期生による、3期生への応援体制
期ごとのML、および通期の研修生MLの開設により、相互の交流について体制づくりをしました。
各県ごとの研修生の交流MLづくりについて、各県ごとに設置した支部(ブランチ)の裁量で運営できるよう、守秘義務等の核心的な問題を留保する契約を交わした上で研修生情報を共有し、活用に供しました。

●インターンシップの特設HPの開設
インターンシップに伴う各種届出書類等を、ワンストップで入手したり、手続フローを理解することができる首都圏ブロック独自の特設ホームページを設置し、研修生、ならびにOJT受け入れ先団体それぞれの理解啓発と運用利便を提供しました。
URL:http://try.mirai-design.net/groundwork/

●県ごとの連絡網
上述の通り、栃木、群馬、茨城、埼玉、千葉の各県ごとに支部(ブランチ)を設ける体制のもと、核心的な問題を留保する契約を交わした上で、各県ごとに連絡および支援の輪づくりを行なうよう要請し、各県ごとに実施しました。
支部役を務めたのは、各県においてもともと中間支援を志す団体等であった為、各団体独自の行事に併せたプロモーション等を効果的に行なうことにつながりました。


投稿日時: 2008/06/01

家庭からの汚濁を減らそうキャンペーンが始まります。
〜モデル地域:鎌ヶ谷市〜

家庭排水対策指導員(有給ボランティア)募集

【事業の概要】

手賀沼の水質改善に向けて、各家庭からの生活排水を台所でカットする対策が非常に重要となっています。今回の事業は、手賀沼水質保全協議会と鎌ヶ谷市が実施するモデル事業として行います。

食器拭き取りペーパーおよびゴムベラを利用し、汚れを流さないキャンペーンを自治会集会場等地域密着で展開します。キャンペーン活動には講習会を始めとするキャンペーンに回ってもらう、「家庭排水対策指導員」(通称:えこっぱ協力隊)を公募し、活躍していただきます。

取り組みの成果を確認するために、排水路にてチェックポイントを確定し、定期的(月1〜2回)に専門調査員が水質調査を行います。取り組みの効果をグラフ・文書・写真で伝えるため、「えこっぱ通信」を毎月発行します。(6回予定)

【家庭排水対策指導員(通称:えこっぱ協力隊)の募集】

一般家庭向けの排水対策モデル事業での講習会講師および説明員募集。
講師向け研修会を事前実施しますので、未経験者歓迎。

募集人数:8名 
活動期間:7月〜9月
活動回数:半日活動で20〜25回程度。活動日調整可。
活動エリア:鎌ヶ谷市南初富エリア600世帯対象
謝礼:講習会の実施謝礼 1,500円/回・人、2人組で運営していただきます。
講習用道具を運ぶのでガソリン代 400円/回
講習会に参加できなかった方への説明 1,500円/2時間(6世帯への説明) 

【応募の際の記載事項】

書式は自由で以下を記入して、FAXかメールで送ってください。
・氏名
・性別
・住所
・年令
・希望された動機

募集締め切り:2008年6月30日

問合せ先:印旛・手賀沼環境あっぷ協議会
TEL:047-460-0735
FAX:047-460-0803



事業者:手賀沼水質保全協議会・鎌ヶ谷市環境課
作業受託者:印旛・手賀沼環境あっぷ協議会


食器拭き取りペーパー 食器拭き取りゴムベラ
食器拭き取りペーパーとゴムベラ

食器汚れの拭き取り
食器汚れの拭き取り

講習会の様子
講習会の様子


投稿日時: 2008/03/04

クリック募金にご協力頂き、誠にありがとうございました。

昨年12月10日から実施して参りましたテスト公開を2008年2月29日を持ちまして、一旦終了させていただきました。

今回みなさまからお寄せ頂いた寄付金の利用につきましては、3月末日までに本サイトにてご報告させていただきます。

2008年2月29日

» [すたっとTV クリック募金]:あっぷ協議会


投稿日時: 2007/12/17

本年7月に設立して間もない当協議会ですが、「NPOと企業との連携のあり方」の検討を中心に据えて動き始めた結果、皆様との情報共有を密に図ることにより、関係者相互のメリットに繋がる案件が出始めてきました。

現在、当協議会の会員・関係者の皆様には、メールマガジン(印旛・手賀沼環境あっぷ協議会メール通信)を随時お届けしていますが、今後は、当サイト内にも情報を公開していきます。

詳しくはメニューの「取り組み」「アーカイブ」をご覧ください。


投稿日時: 2007/12/10

印旛・手賀沼環境あっぷ協議会は、2007年12月10日より、企業とNPOのパートナー事業の一つとして「クリック募金」という手法をモデル的にスタートさせました。

皆様には、本協議会の活動紹介をご覧いただき、賛同や応援したい活動に対して「募金箱」をクリックしていただけると、1クリックあたり10円の寄付が、協賛企業から本協議会に対しておこなわれます。

今回は実証実験のため紹介する活動も限られていますが、今後は試行を重ねながら、随時、各方面の動きを取り入れていきます。

※クリック募金のサイトへは、各ページ下部に表示されているバナーよりお入りください。


投稿日時: 2007/11/06

印旛・手賀沼環境あっぷ協議会では、2007年3月〜5月にかけて、(財)日本グラウンドワーク協会との共催事業として、県内企業の社会貢献に関する意向をアンケート形式で伺いました。
別表に記載しました多くの団体のご協力を頂き、会員企業向けに調査への協力依頼も併せてしていただきました。
» 詳細...